中古バスの売買に関する情報を知る

ロゴ

処分方法が知りたい

会社や個人で利用していたバスを処分しようと思ったらいくつかの方法があります。目的によって適した処分方法が異なってくるので、どの方法で処分するべきか把握しておきましょう。

バスの処分方法ランキング

no.1

業者に買取ってもらう

不要になったバスの処分方法として、一番人気なのが中古バスの買取業者に買取ってもらう方法です。故障している箇所があるバスや動かなくなってしまったバスでも買取ってもらえることもあります。「どうせ売れないだろう」と決めつけてしまうのではなく、とりあえず一度買取査定を依頼してみてはいかがでしょうか。

no.2

一時的に登録を抹消する

特別な事情があって一時的に利用しなくなったバスの処分方法として人気なのが一時抹消登録です。一時抹消登録を行った場合、必要になったときに改めて各種手続きを行えば、再度そのバスを利用することができるようになるので便利です。

no.3

永久に登録を抹消する

買取業者による処分が一般的になる前まで、最もスタンダードだったバスの処分方法。廃車にすることを前提とした処分方法で、今後一切利用することがないであろうバスに対しての処分方法となります。

バスってどう処分するの?

バス

中古バスを安く購入したい

できるだけ中古バスを安く購入したいと思ったら、比較したり交渉したりする必要が出てきます。中古バスを購入するときは、ダメ元でもいいので出来るだけ値下げ交渉してみましょう。バスに限らず新車を購入する場合はなかなか値下げ交渉には応じてもらえないものですが、中古を購入する場合は新車のときよりも比較的交渉が通りやすいと言われています。

まずは見積もりを確認する

これいいなと思うバスが見つかったら、まずは見積もりを出してもらいましょう。見積もりで詳細を確認しないことには交渉も進みません。多少手間はかかってしまいますが、各種手続きを自分で行なうことで見積もりの額から金額を下げることができる場合があります。見積もりをしっかりと確認し、削れるところは削っていきましょう。

他社と比較しよう

中古バスをできるだけ安く購入したいと思ったら、値下げ交渉だけでなく他社と比較することも大切です。スペックや製造された年、走行距離などあらゆる面で比較していきます。もし、同じような価格帯で同じようなスペックのバスが見つかった場合は、そのデータを元に値下げ交渉を行ってみるといいでしょう。

複数の業者で見積もりしていることを伝える

うまく値下げ交渉したいのであれば、複数の業者で見積もりを出してもらっていることやより良い条件の業者があればそこで購入しようと思っているということをしっかりと伝えておきましょう。どの業者もうちで買ってほしいと思っているので、極端な交渉であればある程度受け入れてくれるでしょう。