ポイントが知りたい|中古バスを売りたい・買いたいと思ったときは業者へ!

バスを中古で購入するときはここをしっかりチェックしよう

ロゴ

中古バスを購入するときのチェックポイント

商用として利用することの多いバスを購入するときは、車を購入するとき以上に様々な点に注意しなくてはいけません。大勢の人が乗るものですから、当然と言えば当然ですね。中古バスを購入するときにチェックしておきたいポイントについて確認していきましょう。

ポイントが知りたい

男性

これまでのオーナー数

まずはオーナー数をチェックしていきましょう。オーナーがコロコロ変わってしまっているようなものはあまりよくありません。出来ればワンオーナーのものが理想です。車検証を確認すればワンオーナーだったかどうかはすぐに確認できます。

どういった目的で使用されていたか

レンタカーや路線バスなどに使用されていた中古バスは、年数の割に使用頻度が高かった可能性があります。日々様々人が利用し、運転手も頻繁に変わっていた可能性があるということはあまりプラスにはなりません。どういった用途で使用されていたバスなのかを確認することは大切です。

使用されていた地域

購入を検討しているバスが、どの地域で使用されていたかということもしっかりと確認しておく必要があります。海に近い地域で使用されていたバスは塩害の可能性が予想されますし、豪雪地帯で使用されていたバスの場合も、何らかの影響があると考えていいでしょう。使用されていた地域と地域の特色を理解しておきましょう。

仕入れルート

バスの仕入れルートや仕入れ方法は、信用や価格に大きくかかわってきます。多くの人や業者を経由している場合情報が得にくくなり、かつ価格が高くなってしまう傾向にあります。どこを経由して販売業者に入ってきたのか確認しておきましょう。

点検記録の情報

人間のように車も定期的に健康診断を行います。それが定期点検と呼ばれるものです。定期点検記録にはそのバスの整備に関する記録やどうやって管理されているのかといった情報が事細かに掲載されています。専門的な内容も含まれていて車やバスに詳しくない人にとっては難しいかもしれませんが、わからない部分は業者に確認してくれると丁寧に教えてくれるので、きちんと確認するようにしましょう。